東京農工大学同窓会獣医学部会

会員の著作・出版物

東京農工大獣医学部会会員の出版物や書籍をご紹介します。

日本人体解剖学 上・下巻 改訂20版

編著:穐田真澄(昭和47年卒)
出版:南山堂

発行年月日:2020年4月
上巻:ISBN 978-4-525-10100-8
下巻:ISBN 978-4-525-10110-7
価格:上・下巻とも11,000円(税別)

<著者からのメッセージ> 「日本人体解剖学」19版から大改訂を行い、20版として上梓した。20版では、原画を全面リメイク、フルカラーとし、記載内容も一新した。本書では、同級生の伊藤伸彦君(北里大学名誉教授)から馬の骨組織の写真を提供してもらった。馬を含め草食動物では生まれながらにしてオステオン(骨単位)が形成されており、出生後すぐに起立できる態勢になっている。ヒトではオステオンの形成は直立二足歩行ができる2歳前後からである。この他にも、小脳などでは、比較解剖学的な観点からの記載もあり、獣医学分野の皆さんにも参考になる内容と思います。手に取ってご覧いただければ幸いです。

それでもハミを使いますか?(METAL IN THE MOUTH)

著者:FRCVS, PhD W Robert Cook, Dr. med Vet., PhD Hiltrud Strasser
監修:石井美樹子(平成2年卒)
編集:Sabine Kells
翻訳:高木ゆかり

出版:SPP 出版(GH 株式会社)

発行年月日:2017年4月 A4版(ソフトカバー) / 144ページ
ISBN-10:4990730828 ISBN-13:978-4990730826
価格:3,900円(税別)

<監修者からのメッセージ> 米タフツ大学獣医外科学名誉教授&殿堂入りも果たしたロバート・クック博士による、ハミの弊害を獣医学的に解明した書。総務省の助成を受け翻訳出版致しました。紙書籍版は限定出版(書店・アマゾンで注文可)で、完売後はアマゾン電子書籍に移行します。ぜひ、ご一読ください。(石井)

ゾウの知恵 陸上最大の動物の魅力に迫る

編著:田谷一善(昭和46年卒)
共著:片井信之(昭和45年卒)、乙津和歌、成島悦雄(昭和47年卒)
イラスト:対馬美香子(平成2年卒)
出版:SPP 出版(GH 株式会社)

発行年月日:2017年6月 A5版(ソフトカバー) / 190ページ
ISBN 978-4-9907308-4-0
価格:2,776円(税別)

<著者からのメッセージ> 本書は、「知らなかった自然のふしぎシリーズ・人が学ぶシリーズ」として東京農工大学出版会から発刊されていたシリーズ本の続本になります。東京農工大学出版会からはこれまで、「昆虫の知恵」、「植物の知恵」、「イヌの知恵」が発刊され、特に「イヌの知恵」については、専門家からも大変評価が高い内容でした。しかし、東京農工大学出版会が解散になり、私が在職中に執筆を依頼されていた「ゾウの知恵」についても発刊中止となりましたが、このたびSPP出版(GH株式会社)から、発刊することになりました。ゾウに関する様々な知識を紹介することに加えて、これまで日本でゾウを飼育してきた歴史や経験、大学と共同で研究してきた研究成果などについて紹介しました。本書を読まれて、ゾウについて知っていただくとともに、地球上の様々な動物についても、それぞれの種の特性を理解し、動物の多様性に触れてもらい、地球上に生息する動物達の保全を考える一助になれば幸いです。(田谷)

動物園学入門

編集者:村田浩一、成島悦雄(昭和47年卒)、原久美子
執筆者:成島悦雄(昭和47年卒)、綿貫宏史朗(平成24年卒)
出版:朝倉書店

発行年月日:2014年7月 B5版 / 216ページ
ISBN 978-4-254-46034-6 C3061
価格:3,900円(税別)

<概要>(朝倉書店のサイトより)> 動物園は現在、動物生態の研究・普及の拠点として社会における重要性を増しつつある。 日本の動物園の歴史、意義と機能、動物園動物の捕獲・飼育・行動生態・繁殖・福祉など について総合的に説き起こし、「動物園学」の確立を目指す一冊。

組織学総論 ―細胞・組織の基礎から病態の理解へ―

編著:穐田真澄(昭和47年卒)
出版:東京農工大学出版会(※東京農工大学出版会は解散)

発行年月日:2010年4月 A4版 / 112ページ
ISBN 978-4-904309-08-7
価格:2,000円(税別)

<著者からのメッセージ> 肉眼解剖から、光学顕微鏡、電子顕微鏡レベルへと、組織・細胞を目でおって直感的に理解できる様に配置された写真と説明。学生時代の組織学に対して、現代の組織学の一端を垣間見てみたい卒業生にもお薦め致します。

さくらとトンボの国から 池田あきつ詩集 <子ども詩のポケット36>

著:池田あきつ(池田澄雄)(昭和32年卒)
装挿画:小倉玲子
出版:てらいんく

発行年月日:2009年7月 B5変形版 / 100ページ
ISBN 978-4-86261-052-2
価格:1,400円(税別)

<紹介> 自然をこよなく愛し観察する詩人が、日本の四季と生き物たちの命の賛歌を謳いあげた詩集です。謳われる自然や生き物たちの姿は写実的でありながら文学的で、時にコミカル。日本語の美しいリズムに満ちた詩は、生命の息吹を感じます。声に出して読みたい詩集です。

かえるの国 池田あきつ詩集 <ジュニア・ポエム双書125>

著:池田あきつ(池田澄雄)(昭和32年卒)
装挿画:小倉玲子
出版:銀の鈴社

発行年月日:1997年9月 A5版 / 111ページ
ISBN 4-7632-4344-6 C8092 9784877861254
価格:1,200円(税別)

天気雨 池田あきつ詩集 <ジュニア・ポエム双書67>

著:池田あきつ(池田澄雄)(昭和32年卒)
装挿画:小倉玲子
出版:銀の鈴社

発行年月日:1991年7月 A5版 / 127ページ
ISBN 4-7632-4273-3 C8092 9784763242730
価格:1,165円(税別)

BONES -動物の骨格と機能美-

文・イラスト・構成:東野晃典(平成14年卒)
写真:湯沢英治
解説監修:遠藤秀紀
出版:早川書房

発行年月日:2008年6月 判型 19×24cm / 175ページ
ISBN 978-4-15-208933-5
価格:3,500円(税別)

<紹介> 155 点にも及ぶモノクロで表現された芸術的とも言える動物の骨の写真。頁をめくる度、その美しさと自然の精巧さにただ溜息をつくばかりだ。東野氏の文による解説は機能美の理由を的確に説明している。その文章は、動物のもつ多様な形態、生態に対する驚きと愛情に満ちている。東野氏による骨のイラストに学生時代を思い出す方もいるのでは。写真集としても、科学書としても楽しめる一冊。